旬のニュース、テレビ番組などについて書きます。

身の回りの気になることまとめサイト

豆知識

ゆずの夏色は夏の曲じゃない?!

投稿日:

夏の定番ソングでお馴染みである、ゆずの夏色

爽快な夏を連想させる曲ですが、実はこの曲のシチュエーションは夏ではないのです。

どういうことか?

駐車場のネコはアクビをしながら 今日も一日を過ごしてゆく
何も変わらない 穏やかな街並
みんな夏が来たって浮かれ気分なのに 君は一人さえない顔してるネ
そうだ君に見せたい物があるんだ

大きな五時半の夕やけ 子供の頃と同じように
海も空も雲も僕等でさえも 染めてゆくから

この長い長い下り坂を君を自転車の後ろに乗せて
ブレーキいっぱい握りしめて ゆっくりゆっくり下ってく

これが夏色の1番の歌詞です。

これだけで違和感を感じた人はすごい。

ただ、冷静に考えると夏にはありえないシチュエーションがあるんです。

それが

大きな五時半の夕焼け

夏の日没は東京都で18:30~19:00くらいです。

17:30の日没となると、2月末、もしくは9月末になります。

なぜ微妙に時間がずれているのか?

夏色の発売は1998年6月3日です。

確かに発売したタイミングは夏に入ろうとしている時期。

しかし、この歌詞を作ったのは1998年の冬の時期なんです。

その時期の日没が17:30くらいだったので、

歌詞に

「大きな五時半の夕やけ」

と入れてしまったのです。

夏の夕暮れに歌ってると「あれ?」ってなりかねないですね。

とはいえ、夏を代表する曲であることに変わりはありません。

これからも歌い続けていかれる名曲です!

-豆知識

Copyright© 身の回りの気になることまとめサイト , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.