旬のニュース、テレビ番組などについて書きます。

身の回りの気になることまとめサイト

「スポーツ」 一覧

盗塁の日本記録はもう破られない?

2019/05/14   -スポーツ

日本の盗塁王福本豊 野球で盗塁といえば、チャンスを作り出し、試合のターニングポイントにもなるものです。 日本記録では、福本豊選手が1,065盗塁で日本記録を持っていますが、この記録がどれくらいすごいかというと。。。 プロ生活年数と盗塁数の推移です。 2位は日米通算ですがあの世界のイチローが708盗塁。 福本選手はさらに300盗塁以上していることになります。 阪神のレッドスター事赤星選手も俊足の選手として活躍されました ...

圧倒的本塁打量産スピードの王貞治を超えるのは?!

2019/05/12   -スポーツ

圧倒的記録の王貞治 野球の花形といえばホームランです。 そしてそのホームラン世界記録を持っているのは王貞治さん。 生涯で868本塁打を放っています。 日本国内では、2位が野村克也さんで657本なので、その圧倒っぷりがわかります。 王さんの記録を超える選手が現れるのか? と言われる中で、若手時代にホームランを量産し、期待されていた選手がいました。 王貞治を超えると期待されて選手は 赤線が王貞治選手ですが、量産スピードが ...

坂本勇人は2000本安打最速記録を作れるか?

2019/05/10   -スポーツ

プロ野球ジャイアンツの坂本勇人選手がものすごいスピードでヒットを量産しています。 2019年も5月時点で最多安打を狙える状況。 この状況だと、2020年には2000本安打を達成できそうです。 2020年は坂本選手がプロ14年目になります。 他に2000本安打を達成したスピードはどうなのかを調べてみました。 2000本安打のスピード記録は? 縦軸が安打数、横軸がプロ在籍年目です。 最速はイチロー選手が13年目に達成して ...

プロ野球2000本安打を多く輩出している都道府県はどこ?

2019/01/19   -スポーツ

日本プロ野球のバッターにとって、一流の証とされる2000本安打。 2018年シーズン終了時点で、52名の2000本安打達成者がいます。 2000本安打を達成した人ってどこの出身地が多いと思いますか? 今回、気になったので、調べてみました。 今回はNPBの記録のみをカウントしています。 2000本安打輩出数ランキング まずは、手っ取り早くランキングをどうぞ! 順位 都道府県 人数 1 大阪府 8 2 広島県 6 3 熊 ...

大河ドラマ『いだてん』の主人公である金栗四三とは?

2018/12/18   -陸上競技

2019年1月3日に金栗四三さんの出身地である和水町を震源とする、最大震度6弱の地震が発生しました。 被災された方々の安全と、今後被害が拡大しないことを切に願っております。 大河ドラマの主人公 2019年大河ドラマ『韋駄天』の主人公は、金栗四三(かなくりしぞう)さんです。 龍馬伝や西郷どんであれば、坂本龍馬、西郷隆盛が主人公だとわかりますよね。 しかし、金栗四三と言われても、ピンとこない。。。 ということで、今回、金 ...

メジャーのパイオニア野茂英雄が激太り!大丈夫?借金問題は?

2018/11/25   -スポーツ

久しぶりの公の場 2018年11月24日に行われた名球会フェスティバルでメジャーリーグへ挑戦し、大活躍した野茂英雄氏が圧巻のピッチングを披露しました。 しかし驚愕させたのは、ピッチングではなく・・・ ピッチングよりも気になったお腹・・・ 今投げようとしているのが野茂英雄氏なんですが、 明らかにお腹のお肉が気になりますよね。。。 ちなみにこちらがメジャーリーグ時代の写真です。 うーん、スリムだ。 体調は大丈夫なのでしょ ...

【消えた天才】帝京出身の伊藤拓郎は今?

2018/11/02   -スポーツ

MLBで活躍中の大谷翔平 2018年にMLBの新人王に輝いた大谷翔平選手。 MLB,日本プロ野球での活躍は有名ですが、高校球児時代もすごかったです。 3年夏には高校生ながら160km/hを記録。 高校1年の夏にも、すでに147km/hを記録していました。 大谷を超えた逸材がいた しかし、世の中上には上がいました。 大谷翔平選手よりも1学年上で、高校1年時に甲子園で148km/hを記録し、注目を集めた選手がいました。 ...

ガトリン12年ぶりの金メダル!ブーイングの理由は?ガトリン影の歴史

2017/08/06   -スポーツ, 陸上競技

本日、行われた世界陸上ロンドン大会でラストランとなったウサインボルト選手に注目が集まっていました。 ボルトは今大会の100mで最後のレースであるということを表明し、最後のレースを   金メダルをとって有終の美で飾れるか?   という点に注目が集まっていました。 しかし、勝ったのは35歳のガトリン。   しかし、スタート前の選手紹介ではブーイング、1位のアナウンスの後も会場は大きなブーイン ...

サニブラウンの時代(9秒!)必然の到来!?ガトリン「世界レベルの才能」とコメント!

2017/06/26   -陸上競技
 

ロンドン世界陸上選考会 陸上日本選手権最終日(25日、大阪・ヤンマースタジアム長居) 男子200メートル決勝で、15年世界ユース2冠のサニブラウン・ハキーム(18)=東京陸協=が自己新の20秒32(追い風0・3メートル)で優勝し、17年ロンドン世界陸上代表に内定。10秒05で制した100メートル(24日)とあわせ、03年大会の末続慎吾以来、14年ぶりの短距離2冠を達成した。既に参加標準を突破済みで3位となった飯塚翔太 ...

”簡単”「速く走るコツ」について。「50m7秒」運動会で一番になる方法。

2017/06/13   -陸上競技

「足が速くなりたい」 「50メートル走で7秒台を出したい」 という方に非常にオススメの「速く走るコツ」についてご紹介いたします。 実は簡単!?「速く走る上で大事なポイント3」 足を速くするには「スタート時に前傾姿勢」「足を前に出す」「前だけを見る」という3つのポイントを押さえれば実は誰でも足が速くなります。 その理由をそれぞれにご紹介いたします。 「スタートは前傾姿勢で」   スタート時からいきなり「状態を ...

Copyright© 身の回りの気になることまとめサイト , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.