旬のニュース、テレビ番組などについて書きます。

身の回りの気になることまとめサイト

テレビ番組

ムロツヨシ「LIFE!」で6月16日に復活する企画に待ちきれない方に「結婚お祝いVTR」が万能と話題に!

投稿日:

ムロツヨシさんと言えば謎すぎる態度でみんなを笑わす最強の武器をもっております。

ムロツヨシさんが面白いと話題の映像があるのでご覧ください。

以上のように「ムロツヨシです」と言うだけでバカ受けしてしまうほど芸人にとって最強の武器を持っております。

個人的には何が面白いのかが少しわかりかねますが、、、

そして今回飛び込んできたニュースが6月16日にムロツヨシさんが「LIFE!」という番組で「人生に捧げるコント」という奇抜なキャッチコピーをテーマに進める番組で一夜限りの豪華メンバーが登場するとのことで多くの方々が楽しみにしている番組です。

そんな今から待ちきれないという方にムロツヨシさんが「結婚お祝いVTR」の動画を公開しておりそれが話題となっているのです。

なんでも

 放送を控え、待ちきれない視聴者のために、ムロツヨシが動き出した。ネット動画ならではの攻めに徹した新作コントがNHKの新ネットサービス「1.5チャンネル」と「LIFE!」の番組ホームページにて配信されていく。公開済みの第1弾は、「誰でも使えるムロツヨシからの結婚お祝いVTR」。具体的なワードが一切使用されていないにもかかわらず、まったく違和感のない仕上がり。実際に使えるのか使えないのかはさておき、まさに結婚式シーズンにぴったりの一作だ。

新作コント動画は今後も6月16日の放送まで順次配信されるとのこと。次回から実力派コント師・シソンヌ(長谷川忍・じろう)も参戦する予定。また、6月3日23時25分からは、過去のコントの名シーンもたっぷりの「6月16日復活LIFE!が見たくなるSP」も放送される。

とのことで非常に「何かと話題のムロツヨシ」と言ったところでしょうか。

大人気ですね。

ムロツヨシさんは168cmの血液型がA型の几帳面で1976年1月23日生まれの41歳です。

ムロツヨシさんは

4歳のときに両親が離婚、親権は父になったが父はまた別の女性と親密になったため、祖父母のもとで育つ。横浜市立六角橋中学校、神奈川県立鶴見高等学校を経て、一浪して東京理科大学に入る。入学後に手塚治虫原作の『陽だまりの樹』の段田安則の芝居を生で見て、感銘を受けたことをきっかけに俳優を志し、大学は3週間で中退して俳優養成所に入る。1999年から単独で舞台活動を開始するも下積み時代が続く、2005年の映画『サマータイムマシン・ブルース』を足掛かりに映画にも出演するようになった。

2008年から始めた、舞台「muro式」では脚本・演出・出演をしている。また、2009年12月から舞台『muro式』の広報活動の一環として、muro式トークライブ「ムロツヨシ、バナシ」を開催している。

2014年、『日経トレンディ』が選ぶ「今年のヒット人」に選ばれる。

2015年11月10日、喉の手術のために入院。11日に手術を受け、12日に退院。

2017年4月25日、Instagramアカウントを開設。

という独特な略歴があり非常に波乱万丈で面白い人生を送っておられる方です。

神奈川県立鶴見高等学校を卒業は偏差値57という素晴らしい学力のある高校で非常に成績優秀だったと言います。

その後偏差値60以上の「東京理科大学」へ1年の浪人を経て見事華やかな入学を決めましたが「自分は何がやりたいのか?」という事を深く追求してしまい入学してからわずか1か月もしないうちに退学したそうです。

そして自分が目指しているものは人々を元気にする「役者」であることを知れたのだと言います。

そんなムロツヨシさんは幼いころに両親が離婚しており「母親なし」の生活をするという非常に寂しい過去を持っています。

孤独の中で生きてきたムロツヨシさんは「女性のぬくもり」を知らずに育ったので、女性と接するのが苦手とのことで現在も女性との付き合いがなく結婚も先送りになっている状態だと言います。

そんなムロツヨシさんが6月16日の「LIFE!」での活躍と今後の彼の活躍に目が離せません!

 

本日もご覧くださいまして誠にありがとうございました。

-テレビ番組
-

Copyright© 身の回りの気になることまとめサイト , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.