旬のニュース、テレビ番組などについて書きます。

身の回りの気になることまとめサイト

不動産投資

物件を持つ価値

投稿日:

2018年辺りから不動産投資のための融資審査がかなり厳しくなっています。

それまで、頭金0円でもOKだったり、年収500万円でもOKだったのが、頭金500万円以上や、年収700万円以上など、条件が厳しくなり始めています。(一棟買いの場合)

もしかしたら今後、もっと厳しくなるかもしれません。

そんな融資が厳しくなる中で、不動産投資物件を1つ持っていると、銀行からの評価は大きく変わります。

不動産投資はあくまで事業です。

既に事業を始めていてうまく行っている人と、これから始める人、どちらに銀行を投資したいかは明白ですよね。

ただ、注意しないといけないのは2つです。

  1. キャッシュフローがプラスである(初年度除く)
  2. それでも頭金は多少必要

先程記載したとおり、不動産投資は事業です。事業に投資してもらうためには、事業がうまく行っている必要があります。それを判断するのはキャッシュフローです。

キャッシュフローがプラスであれば、事業はうまく行っていると判断してもらいやすいです。

よくある区分マンションなんかは、常にキャッシュフローがマイナスです。これでは、不動産投資として今後物件を買い進めることができないのです。

そして、頭金については、融資が厳しくなっている以上、物件を持っていても多少必要です。

というか、頭金を入れないと、キャッシュフローがよくならないです。

そのため、頭金は必要です。

この頭金は1棟目の収入と日頃の貯蓄を入れ込むしかないですね。

不動作投資において物件を1つしか持たないというのは良い戦略ではないです。

少しずつ物件を増やしていきたいですね。

-不動産投資

Copyright© 身の回りの気になることまとめサイト , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.