旬のニュース、youtuber、テレビ番組などについて書きます。

今、気になるトレンド、エンタメニュース!

芸能

加藤一二三「ひふみん」「1分将棋の神様」「神武以来の天才」の名前の由来とは!?

投稿日:

現在、多くの「バラエティー番組」に引っ張りだこの天然の「加藤一二三」さんがなぜ「ひふみん」と呼ばれているのか、その由来についてご紹介します。

また、「1分将棋の神様」「神武以来の天才」と業界で呼ばれていた理由などもまとめました。

加藤一二三「ひふみん」の由来

これは単純に「ひーふーみー」という数字の「123」の数え方から来ています。

「一二三」で「ひふみ」という今時非常に珍しい名前です。

現在、多くのテレビ番組で引っ張りだおこで、5年前に「アウトデラックス」で「蝶ネクタイが地面につくほど長い」と突っ込まれ伝説を残しました。

そんな「加藤一二三」さんは2017年で「77歳」になり、現在「14歳」にして29連勝して、イケメン佐々木勇気五段に敗北し連勝記録がとまった「藤井聡太」に負けてしまい、将棋界を引退しました。

現在は「将棋界のレジェンド」としても名が高いです。

加藤一二三「1分将棋の神様」の由来

加藤一二三さんは「対局中」に「あと何分?」としつこく聞き、時間をたっぷりと使い、1分間にまんじゅうを3個食べたり、トイレに入ったりと独特な手法で将棋をやっていたことから、「1分の使い方が天才」だと話題になり「1分将棋の神様」と呼ばれるようになったのです。

また、加藤一二三さんは「無人島に持っていきたいもの」を「羽生さん」だとコメントしております。

そんな「1分将棋の神様」はちょうど「1分」たつ辺りに「ひらめき」が訪れ何度も逆境を乗り越え、逆転勝利をおさめています。

しかし、対局中に「あと何分?あと何分?」とやたらと関係者に聞いていたことから、時間を何度も言わせられている人がブチ切れたという伝説も作っております。

加藤一二三「神武以来の天才」の由来

「神武」とは、「日本書紀」「古事記」などに登場してくる天才で、わずか15歳で「天皇」になったと言われている歴史上の人物です。

「神武」は生まれながらの天才だったので「実存していないかった」のではないかとも言われているくらいです。

加藤一二三さんは「将棋界のレジェンド」として名が高く「神武以来の天才」と言われる程の「将棋」の腕前をもっていたので、誰かが思わず「神武以来の天才」と口ずさみ瞬く間に世間に広がっていったあだ名です。

加藤一二三さんは「1000勝」という偉業も達成しており、まさに将棋界のレジェンドとされています。

この「1000勝」という記録こそが「神武以来の天才」と言われるほどの威厳があったのだと思われます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-芸能
-

Copyright© 今、気になるトレンド、エンタメニュース! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.