旬のニュース、youtuber、テレビ番組などについて書きます。

今、気になるトレンド、エンタメニュース!

テレビ番組

「人が自己と他者を区別し始める年齢は4歳だった!?」地球ドラマチック「4歳児のヒミツ~驚きがいっぱい~」6月24日

投稿日:

2017年6月24日(土)19時00分~19時45分に放送される「地球ドラマチック」の放送内容が2015年にイギリスの「地球ドラマチック」で放送されたテーマを題材とした「4歳児のヒミツ~驚きがいっぱい~」というものに決まりました!

情報によると、イギリスの保育園の様子や、4歳児の子供がどのように「人間の友情」の大切さに気付くのかを激写する企画のようです。

イギリスと日本ではどのように「教育方法」が異なるのか、日本と同じ教育方法があるのかなど、人それぞれに楽しみ方は十人十色ですが、4歳という年齢が人間にとっていかに大切な時期であるかという事が理解できます。

今回は「子育ての際に役立つ情報」がいっぱい詰まったテーマなので見どころ満載です。

では、6月24日の地球ドラマチック「4歳児のヒミツ~驚きがいっぱい~」についてご紹介します!

地球ドラマチック「4歳児のヒミツ~驚きがいっぱい~」

情報によると、2015年にイギリスで1度放送された内容が日本版として2017年に上陸し、そのまま日本語役にして「イギリスのリアルな子供の成長」がご拝見できるないようとなっております。

この番組で分かるのは「人間の友情を築く」のに一番重要な年齢で、この時期に友達を作らないと、今後「性格がねじ曲がってしまう」恐れがあることです。

では、早速この番組の主な内容をご紹介します。

 人がどのように社会的ネットワークを築くのかを探る

人は必ず、4歳児のころの記憶が重要なものになってきます。

4歳はこどもで頭が悪いと思われがちですが「大人」より数倍「脳の活動が活発」です。

そんな時期に必要なものは「社会での生き方」です。

この4歳という年齢でいかに「人付き合い」になれるかが人間のキモとなるようです。

 

目立ちたがり屋さん、しっかり者、世話好きな子供、おしとやか、しずか、暗い子、といったようにすでに「人間の性格的」な部分がでる時期です。

3歳くらいまではみんな同じです。

しかし4歳くらいになると「自我」が芽生え、自分探しをします。

その際に「嫌な事があった子供」は「暗い子」「怒りっぽい子」などになったりします。

しかし、子供によっては「辛い経験」を下から「人に優しい人」になったりもします。

つまり、思春期よりも重要な時期が「4歳」だと考察されるのです。

 

この番組では「世話好きな子」「しっかり者」「目立ちたがり屋」の3種類の子供を遠くから「観察」するコーナーがあります。

そこで分かったのは、既に社会が出来ていることです。

発達心理学者と「精神の専門家」などを交え「4歳児」の友達作りの様子を「観察」しながら、人間の真意に迫ります!

大人でも社会勉強にもなりますし、子育ての勉強にもなりますので、是非ご視聴下さい!

本日もご覧下さいまして誠にありがとうございました!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-テレビ番組
-

Copyright© 今、気になるトレンド、エンタメニュース! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.