旬のニュース、youtuber、テレビ番組などについて書きます。

今、気になるトレンド、エンタメニュース!

陸上競技

多田修平が9秒94を出した!!!日本人初の夢の9秒台!?多田修平の「身長」「大学」「桐生祥秀との面識」についても触れてみました!

投稿日:

 

陸上の日本学生個人選手権第2日が10日、神奈川県のShonan BMWスタジアム平塚で行われ、男子100メートル準決勝で多田修平(20=関学大)が追い風4・5メートルの参考記録(2・0メートルまでが正式記録)ながら9秒94を記録した。決勝は同日午後6時20分から行われる。

引用元:https://news.yahoo.co.jp/pickup/6242825

なんと多田修平選手が9秒94を記録しました!

残念ながら「追い風4・5m」と陸上選手なら分かるが、かなりの「反則的な最高な条件」ではあるものの、自身でも初めての「9秒台」で走る感覚を彼は覚えたようです。

追い風というものがネックなものの「日本人が9秒台で走った」という事には変わりがないので、非常に素晴らしい記録でしょう。

 

多田修平さんは現在「関西大学」の大学生で20歳と非常に若い選手です。

彼は「東大阪市」出身で「大阪桐蔭高等学校」を卒業後「関西大学」へ進み「短距離走」の選手として頭角を現しました。

 

なんでも身長が176cmで体重が65キロとバランスのとれた体格で、桐生祥秀選手とも面識がありました。

 

お互い近畿の高校で「桐生祥秀が京都の洛南高」「多田修平が大阪の大阪桐蔭高」と近畿同士で高校時代でも何度か対戦経験があったと言います。

多田修平さんの高校生時代のベストタイムは「10秒50」と非常に素晴らしい成績を残していたものの「桐生祥秀」さんが目立ちすぎて影が薄くなっておりましたがようやく頭角を現してきたようです。

以上の映像のように非常にスタートが神がかっております。

多田修平さんは「純日本人」というだけに非常に応援したくなりますね!

陸上競技を経験した方はお分かり頂けると思いますがこの「9秒台」という記録は選ばれた人間にしか出せない数字です。

この9秒台を追い風参考記録ながら出してしまうのは非常に素晴らしいです!

多田修平選手はこのレースを「風に押されていい感じで加速できた。ビックリしました。まさかあんなに走っているとは思わなかったです」と笑顔でコメントを残しました。

 

今後も彼の成長を楽しみにしましょう!

「桐生祥秀」が先に9秒を出すか!?

「多田修平」が先に9秒を出すか!?

 

非常に楽しみです!!!

 

ちなみに、日本人で9秒台を追い風参考で出した選手は「桐生祥秀」「ケンブリッジ飛鳥」「多田修平」の3人しか現在おりません!

・桐生祥秀の9秒87(追い風3・3m)

・ケンブリッジ飛鳥の9秒98(追い風5・1m)

・多田修平の9秒94(追い風4・5メートm)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-陸上競技

Copyright© 今、気になるトレンド、エンタメニュース! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.