旬のニュース、テレビ番組などについて書きます。

身の回りの気になることまとめサイト

国内のニュース

”米林宏昌監督”が手掛ける「メアリと魔女の花」は”宮﨑駿監督”の名作「魔女の宅急便」のパクりか!?”ストーリー紹介”

投稿日:

2017年7月8日に公開予定の「メアリと魔女の花」が宮﨑駿監督が手がけた「魔女の宅急便」の「ぱちもん(コピー作品)」と公開前から騒ぎ立てている人がいます。

なんでも「メアリと魔女の花」を手掛ける「米林宏昌監督」は宮﨑駿監督の後継者として、ジブリ作品を手掛ける「二代目ジブリ監督」のような存在です。

ですので、パクりというわけではなく、宮﨑駿監督の後継者という認識を持って頂きたいと思います。

今回はジブリの最新作の「メアリと魔女の花」についてご紹介します。

「メアリと魔女の花」の”ストーリー”と”見どころ”をご紹介します!

「青色の花」で魔女になれた「メアリ」が壮大な魔女の世界に足を踏み込んでいく物語です。

以上の予告編の通りに、年々「ジブリ作品」のグラフィックや音楽の壮大さ、インパクトと非常に光るものを感じます。

ジブリ作品といえば、「子供から大人」まで楽しめる作品として日本の文化の代表として全世界に知られていますが、この毎年公開される予告編をご拝見する度に改めてそれを感じます。

キャッチコピーが「この夏、メアリは出会う。驚きと歓び。過ちと運命。そして、小さな勇気に――。」「出会い」「別れ」「勇気」などをテーマとし私たちの普段の生活にも大きな影響を与えてくれそうな感動的で人生勉強にもなる作品になる予感がします。

スポンサーリンク


さらにパクり疑惑が出ている「魔女、ふたたび」というキャッチフレーズは宮﨑駿監督が生み出したあの名作「魔女の宅急便」を意識しているようで、前作の「魔女の宅急便」が好きな方は必見です。

一部で宮﨑駿監督の「魔女の宅急便」のパクりと心のない書き込みをしている方もおられますが、”二代目ジブリ監督”ですので”一代目ジブリ監督”宮﨑駿監督の作品内容に似せて今まで通りのジブリ作品を生みだすことを心得ているので、誹謗中傷はやめましょう、、、

恐らく今回の「メアリと魔女の花」は前作の魔法物語である「魔女の宅急便」を「スケールと美しい映像と壮大な音楽」で圧倒し完成度を超えてくることが期待されますので、是非映画館でご拝見しましょう。

今回の「メアリと魔女の花」は

田舎町の赤い館村に引っ越してきた11歳の少女・メアリは、森で7年に1度しか咲かない花「夜間飛行」を見つける。それはかつて、魔女の国から盗み出された禁断の「魔女の花」だった。一夜限りの不思議な力を手にいれたメアリは、雲海にそびえ立つ魔法世界の最高学府「エンドア大学」への入学を許可されるが、メアリがついた一つの嘘が、やがて大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしていく。メアリは、魔女の国から逃れるため「呪文の神髄」を手に入れて、すべての魔法を終わらせようとする。しかしその時、メアリはすべての力を失ってしまう。

という物語です。

見どころはやはり「グラフィックの美しさ」「音楽の迫力」「感動的な演出」などです。

そして、観ていてワクワクするような物語の展開と物語に吸い込まれる幻想的な映像の美しさが期待されます。

「メアリと魔女の花」の”情報コーナー”

1971年に発行された書籍のストーリーを元「米林宏昌監督」が手がけたジブリ2017年の作品です。

そんな今作の様々な情報をまとめました!

ハリーポッターより古い「魔法使い」の物語

・原作はメアリー・スチュアートの『The Little Broomstick』という児童文学作品

・『借りぐらしのアリエッティ』を始め、『思い出のマーニー』と2つのジブリ作品を監督として手がけてきた米林宏昌監督

・今作の制作会社は『スタジオポノック』(株式会社スタジオポノックは、日本のアニメ制作会社。「ポノック」とはセルビア・クロアチア語で「深夜0時」を意味し、新たな一日のはじまりの意味が込められている)

というように元祖「魔法物語」と言い換えることが可能な作品となっております。

ですので、進化が進んでいる現代に”あえて”古い作品を手掛けるというまた古いようで新しい今までにない作品が誕生しそうです。

米林宏昌監督の作品の紹介

「借りぐらしのアリエッティ」「思い出のマーニー」が米林宏昌監督が手がけた主な作品です。

「借りぐらしのアリエッティ」

2010年に公開されたジブリ作品です。

この作品の主題歌が非常に幻想的と話題になった作品です。

ストーリーは「身長9cmの女の子」が人の住む世界にある様々なものを「借りて暮らす」という物語です。

この「借りぐらしのアリエッティ」のエンディングが「まだ続きがある」と予感させるなんともスッキリしない終わり方が印象的でした。

ですので巷では「続編があるのか!?」と期待されておりましたが「7年の歳月」が経過したのでその線は薄くなってしまいました、、

「思い出のマーニー」

こちらの映画は賛否両論の声がある物語です。

個人的に「声優さん」の声が非常に光っていたというイメージでした。

まとめ

今作の2017年7月8日に公開予定の「メアリと魔女の花」は魔法物語で世界的に爆発的大ヒットを遂げ、「君の名は」を抜くかもしれないほど期待されている作品です。

今年の夏に家族とみんなで映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

本日もご覧くださいまして誠にありがとうございました。

-国内のニュース
-

Copyright© 身の回りの気になることまとめサイト , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.