旬のニュース、テレビ番組などについて書きます。

身の回りの気になることまとめサイト

スポーツ

大谷翔平が左太もも肉離れ、さらにインフルエンザB型感染。

投稿日:

日本人初の165キロマークし好調だった2016年から打って変わって、2017年のWBCでは投手として欠場、4月8日のオリックス戦では肉離れを起こしました。さらに、10日にインフルエンザB型感染。不安が重なり合う今年の大谷翔平さんの身に何が起こっているのか?

大谷翔平、左太もも肉離れ

スポーツニュースで大々的に取り上げられた、4月8日のオリックス戦で、左大腿二頭筋の肉離れを引き起こしました。

肉離れになったのは、ショートゴロでファーストに走塁している時でした。

打ち取られてしまった大谷翔平を見ると左足を引きずっている姿がテレビに映ります。

そのままベンチ裏に行き、肉離れが判明し試合復帰はしませんでした。

2017年度のWBCでは右足首を負傷し、投手を欠場していた大谷翔平は今度は左太ももを肉離れと不安が積み重なります。

今、大谷翔平さんは両足負傷してるので、ますます投手としての復帰が厳しくなってます。

今年は170キロマークとなるかと期待されていましたが、今回の左太ももの肉離れは全治4ヶ月という怪我となりました。

4ヶ月どころか、今年は投球練習をまともにやっていない事からかなりブランクがある可能性があります。

最悪、170キロどころか160キロも出せなくなるかもしれません

しかも、多くのアスリート選手は一旦痛めた所は古傷となり再発する選手が多いので今後の大谷翔平さんに心配の声が集います。

大谷翔平、インフルエンザB型感染

4月8日に左太ももの肉離れを起こした大谷翔平選手は、10日に今度はインフルエンザB型感染をしました。

インフルエンザなので、薬を飲めば治りますがプロ野球選手がインフルエンザにかかるなんてあまり聞かないです。

それだけ、免疫力が低下しているのでしょう。WBC前から右足首を痛めていた影響でまともに練習出来ずにいたのでかなり身体が衰えている可能性があります。

今後、インフルエンザB型が治ってからが正念場です。

まずは、約一ヶ月のブランクを5月から頑張って取り戻してもらいたいです。

ファイト!大谷翔平選手!

大谷翔平選手の2017年の成績(4月7日)時点

投手としての出場は今年は全くありませんが去年の2016年の成績がホームラン22本と投手とはとても思えない成績を残していました!

今年の2017年のオープン戦の成績は、ホームラン4本、打率333、打点6点と絶好調でした。

投球は出来なくても打者として成績を残したオープン戦だったので、ファンも大喜び!

あとは、投手として出場してもらえばよりいい!との期待がありましたがまだ2017年は一度も登板してません。

2017年の公式戦の打者としての成績はホームラン2本、打率423、打点3点と一般のプロ野球打者と変わりない成績を誇っていました。

しかし、今回の肉離れとインフルエンザで二軍落ちを宣告された大谷翔平選手には復帰が待ち遠しいです。

大谷翔平はダルビッシュと投球フォームが似ている?

現在話題となっている、大谷翔平がダルビッシュの投球フォームにとても似ている件ですが、実際に下半身の重心のかけ方や、捻り方が相当似ています。

身長も大谷翔平が193㎝でダルビッシュが196㎝とかなり高い背丈なので投球の打点も同じ高さから放たれている事から、アメリカのメディアではダルビッシュと大谷翔平は投球フォームがなり似てるね!と話題にしていると言います。

動画で観てもらえれば分かりますが実際にかなり似てます。

大谷翔平選手はダルビッシュの投球フォームを意識していると言われています。

なぜなら、大谷翔平の背番号11は元ダルビッシュの背番号11と同じなのです。ダルビッシュは日本ハムファイターズ出身なので、大谷翔平がダルビッシュ後継者だと言えます。

さらに、ダルビッシュは大谷翔平をとても可愛がっているようです。証拠に、WBC前に大谷翔平が右足首を負傷しているのにも関わらず、ダルビッシュと大谷翔平が仲良くキックボクシングをしている動画がインスタグラムで投稿されています。

2人はプライベートでも付き合いのが確認できています。

特に似ているのがボールを解き放つ瞬間のリリース時がとても似ています

実際に、大谷翔平とダルビッシュと田中将大とで投球フォームの対談特集が2016年に行われました。

その時から大谷翔平はダルビッシュの投球フォームに憧れ練習しているのです。

ダルビッシュと言えば変幻自在の変化球ですが、大谷翔平は165キロの真っ直ぐでねじ伏せるスタイルです。

2人の投球フォームが合致すると非常に見応えがありますね!

今後の大谷翔平の投球フォームがどのように進化するのか楽しみです!

大谷翔平の二軍落ちに栗山監督は「責任はオレにある」

左太ももの肉離れを引き起こしてしまった大谷翔平さんは二軍落ちを命じられましたが、この事に関して栗山監督は「責任はこっちにある。本人が1番辛いだろう。今年以内には生かしておきたい。」とコメントしました。

突然の左太ももの肉離れで日本ハムファイターズのチームはエースがいなくなり少々ガタついています。

しっかりと両足をリハビリをして、上手く165キロをマークしていた身体に戻して大谷翔平が一軍に戻ってくる事を1日も早く期待しましょう!

まとめ

いかがでしたか?

今回は

・大谷翔平選手が左太ももを肉離れ、全治4ヶ月。

・大谷翔平とダルビッシュの投手フォームが似ている?

・大谷翔平の今後

についてまとめました。

ご覧下さいましてありがとうございました。

-スポーツ
-

Copyright© 身の回りの気になることまとめサイト , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.