旬のニュース、テレビ番組などについて書きます。

身の回りの気になることまとめサイト

スポーツ 海外のニュース

ダルビッシュ有がメジャーで防御率1位に君臨!「日本人6人目のメジャー50勝利達成!」メディアが「支配的」と物申す!

投稿日:

日本時間の5月17日、アメリカでは16日にダルビッシュ有さんがなんとメジャーで1位の防御率をたたき出しました!

非常に優秀な快挙でアメリカのメディアは「ダルビッシュ有は支配的」と驚異の強さを褒め称えました!

ちなみに今回の16日の試合で50勝目を見事に樹立したダルビッシュ有は日本人としては「6人目のメジャーで50勝利」という壁を越えました。

これからの期待が非常に楽しみでダルビッシュ有から目が離せません。

日本人6人目のメジャー50勝利達成!

ダルビッシュはこの日6回まで無失点で抑える好投を見せて、7回95球で4安打9奪三振1失点。5試合連続でクオリティースタート(QS、6回以上を自責3以内)で自身3連勝をマークし、チームの5-1勝利に貢献した。

チームを7連勝、5割復帰に導いた右腕についてレンジャーズの地元紙「ダラス・モーニング・ニュース」電子版は「ユウ・ダルビッシュ、マイク・ナポリの貢献によりレンジャーズは連勝を続け、勝率.500に達した」とレポート。8回にダメ押しの2ランを放ったナポリとともにその貢献度を称賛した。

またインターリーグで12先発登板以上している投手の中で防御率1位となったことを紹介。記事によるとダルビッシュはナ・リーグ球団との試合で通算14試合で94.1イニングを投げ、防御率2.18を記録しているという。記事では「これで(ドジャースの)クレイトン・カーショー(2.22)を超えた」と伝えている。

一方、地元紙「スター・テレグラム」電子版は「ダルビッシュは支配的、レンジャーズは連勝を7に伸ばす」と右腕の好投とチームの7連勝を速報。MLB公式サイトも「珠玉のダルビッシュ、レンジャーズは7連勝」とレポートした。

ダルビッシュはこの試合で野茂英雄(123勝)、黒田博樹(79勝)、岩隈久志(63勝)、松坂大輔(56勝)、大家友和(51勝)に続き、メジャー通算50勝にも到達した。

さすがといったところでしょうか、、、

まさか甲子園でイケメンと呼ばれていた少年が「メジャー」で防御率を1位という驚異の数字を叩きだしました。

簡単に言ってしまうと世界最強の先発ピッチャーに君臨したということになります。

ダルビッシュ有さんは2015年にひじの靭帯に傷を受けてしまい「トミージョン手術」という靱帯切開手術を受けておりました。

手術は無事に成功をおさめましたが、ブランクを負い「ダルビッシュ有おわり」などという屈辱的なレッテルを張り付けられ、一時は非常に厳しく屈辱的な状態に陥りました。

この「トミージョン手術」を自身が2017年に開設した「YouTubeチャンネル」に動画を上げております。

「トミージョン手術」を自身のYouTubeチャンネルに投稿したことについてはこちら!!

さらには現在の妻である「日本の女子レスリング選手兼指導者である山本聖子」にサプライズプレゼントをするなど「夫婦円満」という様子が分かります。

また、ダルビッシュ有さんといえば甲子園の若かりし死闘です。

ほぼ一人で投げ抜いており非常に臨場感あふれるピッチングをしております。

この時点で既に「ダルビッシュ有の世界一の投手」になることは決まっていたのかと思う程素晴らしいピッチングの数々でした。

 

現在のダルビッシュ有は身長が196cmと高校生時代のほっそりした面影もなく「キン肉マン」と化し野獣化しております。

その様子を思わずアメリカの現地のメディアもダルビッシュ有の成長ぶりを「ダルビッシュは支配的」と比喩したのでしょうか。

 

今後の活躍にも目が離せません!

 

本日もご覧くださいまして誠にありがとうございました。

-スポーツ, 海外のニュース
-

Copyright© 身の回りの気になることまとめサイト , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.