旬のニュース、youtuber、テレビ番組などについて書きます。

今、気になるトレンド、エンタメニュース!

アニメ

宮崎駿長編の新作公開日はいつ? 内容予想

更新日:

2016年11月NHK「終わらない人」にて宮崎駿さんが出演された際に、長編映画の製作に取り掛かっている事実が発表されました。

また2017年5月にはジブリから正式に宮崎駿新作映画の求人が出され新作の制作は確実のものとなりました。

 

そこで今回の記事では、この宮崎駿長編映画の新作がいつ公開されるか?についてまたその内容についての情報をまとめお伝えしたいと思います。

 

NHK「終わらない人」では2019年完成予定 しかし鈴木プロデューサーが2019年公開は不可能と否定

NHK「終わらない人」で公開された長編映画覚え書きでは2019年完成という予定の画像が流れました。

あくまで覚書の完成予定は2019年ですからそこから公開まで1年としても早くて2020年公開ということになるかと思います。

また、4月の幕張メッセ「ニコニコ超会議2017」では「公開は2019年頃か」という質問に対して、

鈴木敏夫プロデューサーは「そんなことができるわけがない。誰かが勝手に書いたこと」と否定しました。

2017年5月から宮崎駿新作長編アニメーションのスタッフ募集が開始される

2017年5月にジブリの公式ホームページにて「宮崎駿 新作長編アニメーション映画制作のためのスタッフ(新人)募集」というページが設けられ求人が開始されました。(2017年7月に求人は終了)

 

そこでのスタッフ契約期間として

  • 2017年10月1日から3年間

という条件が書かれていました。

つまりこの長編映画の製作時期として2020年10月までは確実にかかるものと考えられます。

新人スタッフが制作の最後までかかわるのかどうかはわかりませんが少なくとも公開されるとなるとこの2020年10月以降という可能性が極めて高いです。

 

そのことから予想するに

宮崎駿長編映画新作の公開は2021年

という線が濃厚です。

おそらく制作チームは2020年完成、2021年公開というのを目標としているものと考えられます。

 

宮崎駿新作の内容は?

NHK「終わらない人」にて宮崎駿は次のように語っています。

「もうリタイアを宣言した作るんだから

『作らざるを得なかったんですね』という内容の作品を作らなければダメだよ」

と発言しています。

 

それはおそらく現代社会に対しての何かしらのメッセージを発する必要性があるということなのではないでしょうか?

機械文明が発展していく現代で、ゾンビの3dを見たときに

「人類の終わりを感じる」と発言しました。

そのこととも何か関連性があるのではないかと考えられます。

 

3Dか手書きか?

NHK「終わらない人」の中では、宮崎駿氏は3dを用いたアニメ制作に取り掛かっていました。

今まで使ってこなかった3Dでのアニメ制作を「自らに課せられた使命」として実際に完成させたようです。

しかし、次の長編映画については

「作るなら全部手書きだよ。」

と鈴木敏夫プロデューサーに会話していたことからも3Dでの制作ではなく宮崎駿作品独特の手書きの世界が表現されることとなると思われます。

 

まとめ

今回の記事では、宮崎駿新作映画の公開日、内容についての予想などを行いました。

公開は早くて2020年で2021年公開が現実的

内容は現代社会、機械文明に対する何かしらのメッセージ

という線が強いというのが私の考察です。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-アニメ
-

Copyright© 今、気になるトレンド、エンタメニュース! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.