旬のニュース、youtuber、テレビ番組などについて書きます。

今、気になるトレンド、エンタメニュース!

ゲーム

ドラゴンクエスト12はいつ発売?ハード予想や主要制作者の変更の可能性について

更新日:

先日、話題作の「ドラゴンクエスト11 過ぎ去りし時を求めて」が発売され、大人気で総出荷数は300万枚を超えたといわれました。

そこで、今回は次回作の「ドラゴンクエスト12」についての情報をお伝えします。

発売日はいつか?

今のところ、スクウェアエニックス社からドラゴンクエスト12に関する一切の情報は開示されておりません。

11の発売が先日でしたので、その制作に今までは追われていましたから

「これから発売されるか否かということを含めて企画段階からスタートする」

というのが現状でしょう。

ドラゴンクエストの発売日はこれまで、

 

  • ドラクエ1 1986年
  • ドラクエ2 1987年
  • ドラクエ3 1988年
  • ドラクエ4 1990年
  • ドラクエ5 1992年
  • ドラクエ6 1995年
  • ドラクエ7 2000年
  • ドラクエ8 2004年
  • ドラクエ9 2009年
  • ドラクエ10 2012年
  • ドラクエ11 2017年

という最近では、3~5年周期での発売がなされています。

よって、ドラクエ12の発売日ははやくて2020年、遅くて2022年あたりになるでしょう。

発売ハードは?

最新作のドラゴンクエスト11ではPS4と3DSで発売、さらに先日Nintendo Switch版が発売されることが決定いたしました。

では次回作ドラゴンクエスト12はどうなるでしょうか?

個人的な予想といたしましては、

Plastation VRも用いてより臨場感の高い冒険空間

が作られるのではないかと予想しています。今作ドラゴンクエスト11でもPS4版ではドラクエサイドの強いグラフィック志向が感じられました。

更にそれが強化され、より臨場感の高い冒険としてVRが採用されるのではないか?と予想しています。

また、3DS、Switchなど任天堂ハードでも発売される可能性は高いです。

 

3~5年後ですと、さらにプレステーション5や新しい携帯型ゲーム機が発売されている可能性が高いですから、そのようなハードでの発売もありうりますね。

今後の情報に注目です。

ドラクエ12では大きな世代交代が起こるか?

ドラゴンクエストシリーズを初期から支えてきた人物として次の3人があげられます。

  • ストーリー:堀井雄二
  • キャラクターデザイン:鳥山明
  • 音楽作曲:すぎやまこういち

堀井雄二さんは現在63歳、鳥山明さんは現在62歳、すぎやまこういちさんにいたっては86歳という

ドラクエを支える人物も時を重ねることで高齢化が進んでいます。

しかしながら今作は過去最高傑作のひとつと噂され、

「この3人がそろっての制作は今回が最後なのではないか?」

という声は後を絶ちません。特にすぎやまこういちさんにいたっては次作も作曲するなると90歳近い年齢での作曲となります。

ドラゴンクエスト11ではすぎやまこういちさんの音楽が使われましたが、今作は音楽についてはやや批判的な意見が多くみられました。

悪い音楽というわけではありませんが、今作の新曲で印象に残る楽曲は少なかったのは私もプレイの中で感じました。

(旧曲の冒険の旅、おおぞらをとぶ、生か死かなどはすぎやまさんの名曲はかなり感動的な使われ方をしておりその点は非常に評価が高いです)

 

次作ではドラゴンクエストの主要制作者が大きく変わるのではないか?

特に音楽に関しては新しい作曲家が起用される可能性が高いのではないか?と感じています。

 

とはいってもドラクエならではのゲームシステムが大きく変わることはないでしょう。

ドラクエのよい部分が受け継がれつつ次の世代のクリエイターが良い作品を生み出してくれることを期待しています。

 

まとめ

ドラクエ12の発売は2020年以降の可能性が高い。

また主要クリエイターの入れ替わり、制作者の世代交代が行われる可能性。

また、発売ハードはPS VR、またこれからの新世代機器になるだろうという予想です。

 

今後、情報が入り次第更新していきたいと思います。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-ゲーム
-

Copyright© 今、気になるトレンド、エンタメニュース! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.