旬のニュース、youtuber、テレビ番組などについて書きます。

今、気になるトレンド、エンタメニュース!

コラム

【動画あり】音痴でもカラオケで歌いやすい曲5選!「愛唄、キセキ、世界で一つだけの花、桜坂、 ウィーアー!」

投稿日:

今回の記事では、音痴でもカラオケで歌いやすい曲5選!をご紹介します。

音痴でもカラオケで歌いやすい曲5選!

では、それぞれの曲の特徴、オススメの理由などをまとめてご紹介します!

愛唄、GREEN

「カラオケが初めて」という人にオススメの選曲です。

歌いやすさは「92」点で、非常に初心者向けの曲です。

もちろん、簡単だからと言ってダサい曲でもありませんし「認知度が高い」「程よく明るい曲」と非常に無難な曲です。

個人的には、緊張しているとき、先輩後輩の部活動の宴会、とりあえず尺を任された時、まずは自分の歌唱力を見せたいときなど、多種多様な用途で選曲します。

また、初心者でも「採点コーナーでほぼほぼ80点」は出ます。

もちろん、あまりにも練習不足で挑んでは点数が50点と悲惨な結果に終わりますが、練習さえすればどなたでも「80点」を超えることが可能です。

さらに、上級者ならプロレベルの歌唱力に偽装できるという難易度の低さから自分の歌唱力を周囲の方に見せつけられるという武器があります。

そして、GREENの曲で誰でも知っている曲であるので万人受けするので、非常に便利な曲です。

よって、「カラオケで何を歌うか迷っている」という方には非常に歌い安く、最高の選曲かと思われます。

キセキ、GREEN

「カラオケ慣れしていない」という人にオススメの選曲です。

歌いやすさは「90」点で、何を歌えばいいのかわからない状況に非常に便利な曲です。

その理由は、誰でも1度は聴いたことがある曲「歌いやすい」点があるからです。

宴会、打ち上げ、初対面の人の前で歌うという状況で、マニアックな曲を歌うのも「ベタな曲」を歌うのも気が引ける場合に周囲を和ます場面で非常に便利な曲です。

個人的には、カラオケでトップバッターを任された時によく歌います。

また、女性受けもよく爽やかな印象を気になる方の前で披露したい方には打ってつけの曲です。

さらに、音痴の人でも「セリフ感覚」で歌う事ができるので、音痴がバレにくいです。

そして、女性の方でも、声が高い分、男性の前で歌うと注目され非常に好感を持たれるのでオススメの曲です。

よって、「何を歌えばいいかわからない」という方には非常に歌い安く、最高の選曲かと思われます。

世界で一つだけの花、SMAP

「カラオケが苦手」という人にオススメの選曲です。

歌いやすさは「91」点で、学校の音楽の授業でも歌わされる曲です。

個人的には、適当に場をおさめたい時に歌います。

また、歌いやすいことから、カラオケが苦手でみんなの前で歌うのが「恥ずかしい」という方も「棒読み」で歌ってもそこそこの歌になるのでオススメです。

さらに、スマップ解散という曲ですので皆さんも知っている曲ですのでカラオケでは歌っても無難に乗り切れるだけの力のある曲です。

そして、歌詞が元気づけられるので周囲も明るい気分になります。

よって、「カラオケが嫌い」という方には非常に歌い安く、最高の選曲かと思われます。

桜坂、福山雅治

「かっこをつけたい」という人にオススメの選曲です。

歌いやすさは「90」点で、男性、女性とどなたでも簡単に歌えます。

個人的には、「かっこをつけたい」時に歌います。

また、テクニック次第で若干アレンジが効くので、自分が歌いたい歌い方で自由に曲調を操れます

さらに、低音の音程であることから普段カラオケに行かない方でも難易度が低くすぐ歌えるようになるかと思われます。

そして、デートの時に歌うと効果的に場を和ますことが可能です。

よって、「オシャレな歌を歌いたい」という方には非常に歌い安く、最高の選曲かと思われます。

ウィーアー!、ワンピース

「場を盛り上げたい」という人にオススメの選曲です。

歌いやすさは「88」点で、無難に場を盛り上げる事が可能です。

個人的には、テンションが上がって来た時に歌います。

また、アニメ・ワンピースの初期の主題歌に抜擢されており「懐かしい、ワンピースの映像」が収録されており、映像だけでも楽しめます。

さらに、デュエット曲としても歌いやすく、みんなで一緒に歌う曲としてもオススメです。

そして、カラオケで歌われている曲の中でも上位の人気曲ですので、練習しておくとあらゆる場面で使えます

よって、「場を盛り上げ無難に過ごしたい」という方には非常に歌い安く、最高の選曲かと思われます。

是非、お試しください!

本日もご覧下さいまして誠にありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-コラム

Copyright© 今、気になるトレンド、エンタメニュース! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.