旬のニュース、テレビ番組などについて書きます。

今、気になるトレンド、エンタメニュース!

コラム

「駆逐してやる この世から 一匹 残らず」by進撃の巨人。アニメの名言から人生を変えるシリーズPart1

投稿日:

「駆逐してやる この世から 一匹 残らず」

進撃の巨人の名言であるこの「言葉のフレーズ」は日本だけでなく、今や世界中の方の頭の中に叩きこまれている強い言葉です。

そんな「駆逐してやる」という強い気持ちの現れは、何かを達成する上で非常に重要なことです。

例えば「雑念を駆逐してやる」でもいいですし「駆逐してやる どん底の人生を」でもいいわけです。

今回は「駆逐してやる この世から 一匹 残らず」by進撃の巨人から人生勉強に繋げて自分の力に変えるというコーナーです!

「駆逐してやる この世から 一匹 残らず」

進撃の巨人という漫画は未だに完結しておりませんが、この「駆逐してやる この世から 一匹 残らず」という言葉は最終回でも発せられる名言でしょう。

そんな「駆逐してやる この世から 一匹 残らず」という言葉を皆さんも日々、生きている人生の中で上手く活用してみませんか?

私はこの「駆逐してやる」というフレーズは「やる気」「活力」などに繋がるのではないかと感じております。

というのも「日本人」は比較的に「集団生活」というものを重きにおいて生活しております。

例えば「小学生」なども「クラス」という集まりの中で生きる

「社会人」になっても「会社」という輪の中で「囚われる」

なにか「クラス」「社会」というものが「進撃の巨人の主題歌」の「囚われた屈辱」というワードに引っ掛かると思いませんか?

屈辱に囚われるな!

私は「小学生」「社会」の中で感じていたことは「囚われている」という感覚でした。

もちろん人間には「集団生活」という観点においては「必要不可欠なもの」であると思います。

要は「人間は個々の力より」みんなで団結して行動するのが強い、と考えられております。

しかし一般的な学校では「40人」というクラスの中で過ごします。

40人集まると「必ず」衝突が生じます。

つまり「いじめ」です。

これは世間で「仕方がないことだ」「どの時代にもある」「学校じゃなくても社会でもある」などと言われておりますが私はそうは思いません。

40人集まった環境を作っているから「日本人」はダメになるんだと思うのです。

なぜ、日本人は消極的か?

なぜなら、人間は「環境によって洗脳されます」、言い換えると「環境によって支配されます」

要するに集団で集まって物事を取り組むより「個々」でスキルを上げることが重要なのです。

例えば「学校での授業」です。

「学校での授業ではやる気のない腑抜けがいます」

40人いれば「(腑抜け)やる気なし」という人間は必ずおります。

まとめ

ですので、そんな集団生活に「囚われる」ことなく「駆逐してやる」という強い意気込みで人生を送った方が断然いいです。

 

つまり、自分のやりたいことをしてみるということです。

 

その上で重要なものが「駆逐してやる この世から 一匹 残らず」という強い意志なのです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-コラム
-

Copyright© 今、気になるトレンド、エンタメニュース! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.