旬のニュース、テレビ番組などについて書きます。

今、気になるトレンド、エンタメニュース!

コラム

「缶コーヒー」”ブラックは苦い!”「BOSS(ボス)」「WONDA(ワンダ)」どっちが飲みやすい!?

投稿日:

皆さんは「ボス派」ですか?「ワンダ派」ですか?

今回はどちらの「ブラック無糖」の味が飲みやすいのかを勝手ながらに比較しました。

どちらが飲みやすいのか、皆さんも考えてみて下さい!

「BOSS(ボス)」「WONDA(ワンダ)」どっちが飲みやすい!?

ボスは昔からある伝統の「缶コーヒー」メーカーですね!

ワンダは最近CMで流行りだし「AKB」のおかげで売り上げが伸びてきた新メーカーです。

ちなみに

・ワンダは1997年年から販売されている缶コーヒー

・ボスは1987年から販売されている缶コーヒー

とボスの方が10年の歴史が深いものとなっております。

「BOSS(ボス)」の味

ボスは1987年から約30年の歴史のある「深みのある味」が特徴的です。

最初の一口目から「ブラック独特の強い苦み」が柔らかく、非常に後味もすっきりしていると思います。

なんでも、嫌な苦さではなく「一瞬、苦みがあり、瞬時に消える」といったイメージですね。

例えると「水を飲んだ感覚から苦みがあり、また水へ」という感覚です。

要するに瞬間的に苦みを感じるという非常に「男らしい苦み」なのです。

他のブラックはいつまでも舌の上で「苦み」がしつこく残りつ続けます、、、

以上の点から一言でまとめるとボスの無糖は「瞬間的な苦みを楽しめる男らしい味わい」です。

「WONDA(ワンダ)」の味

ボスよりも10年後に誕生した比較的に新しい「缶コーヒー」ですが人気が高いメーカーです。

というのも飲みやすさというものに非常にこだわっており、モーニングショットなどは非常に甘みがあり「缶コーヒー初心者向け」の味だと思います。

しかし、様々な缶コーヒーを飲んでいくと分かる事が「味に深み」がないということです。

コーヒーというものは、苦みという部分が見せ所です。

しかし、ワンダは「新しいさ」が影響しているのか「若者向け」のためなのか「味に深み」がないように思います。

苦みを消し、できるだけ飲みやすくというイメージでしょう。

料理で例えるなら、薄味ということです。

しかしそれが逆に売りで「コーヒー」を何杯も飲む方にとっては非常に飲みやすい缶コーヒーです。

以上の点から一言でまとめるとワンダの無糖は「味(苦み)が薄い」です。

結論「WONDA(ワンダ)」が飲みやすい

味に関してなら「ボス」が美味しいですが、飲みやすさは断然「WONDA(ワンダ)」です。

後味も口の中に残りませんし、ブラックが苦手という方は、ワンダがオススメです。

 

本日もご覧下さいまして誠にありがとうございました!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-コラム
-

Copyright© 今、気になるトレンド、エンタメニュース! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.