旬のニュース、テレビ番組などについて書きます。

今、気になるトレンド、エンタメニュース!

コラム

「缶コーヒー」と「ドデカミン」はどっちが集中できるのか!?

投稿日:

「缶コーヒー」と「ドデカミン」は非常に似ている効果を身体に与えてくれます。

それは「集中力」です。

よく「カフェインは脳が活性化する」と聞きますが、事実です。

今回は「缶コーヒー」と「ドデカミン」はどっちが集中できるのか!?

というテーマについて触れていきます!!

「缶コーヒー」と「ドデカミン」はどっちが集中できるのか!?

結局、「缶コーヒー」と「ドデカミン」はどっちが集中できるのでしょうか?

それぞれの特徴に触れてから「答え」を導いてみます!

コーヒー

カフェインの量が100mlで40㎎です。

コーヒーは少しの量で多くのカフェインを吸引することが出来ます。

一杯飲むだけで他の飲み物「コーラ」などより多いカフェインを接収できることから非常に「集中力」を補うのに役立つ飲み物です。

実際に「缶コーヒー」を飲む、飲まないのでは「仕事」のはかどり方が全然違います。

あのYouTubeで億万長者に成り上がったHIKAKINさんも毎日、缶コーヒー10本以上飲みながら「動画編集」しているようです!

ドデカミン

カフェインの量が100mlで10㎎です。

ドデカミンのいいところは「カフェイン」だけに捉われない「脳を活性化」させる役割を担う「成分」が他にもふんだんに配合されています。

ですので小さいお子さんなどにはあまりオススメはできません。

また、炭酸飲料であることから朝に飲むと「脳がリフレッシュ」されるので非常に快適な朝を迎える事ができます。

炭酸は脳を起こす上で非常に効果的であることも医学的に解明されております。

ドデカミンが集中できる

実は単純に計算しても「500ml」内容量があるドデカミンは当然カフェインも「缶コーヒー」よりも多くなります。

コーヒーの方が100mlに換算すると非常に多いカフェインが配合されていますが、総合力で勝るのは「ドデカミン」ということです。

また、炭酸は人間の「やる気」を高める上で非常に効果的というデータもアメリカの大学の研究で明らかになっております。

よって、集中できるのは「缶コーヒー」ではなく「ドデカミン」です!

 

もし、何かに集中して取り組む時は「ドデカミン」を飲んで一発かましましょう!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-コラム

Copyright© 今、気になるトレンド、エンタメニュース! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.