旬のニュース、youtuber、テレビ番組などについて書きます。

今、気になるトレンド、エンタメニュース!

陸上競技

”簡単”「速く走るコツ」について。「50m7秒」運動会で一番になる方法。

投稿日:

「足が速くなりたい」

「50メートル走で7秒台を出したい」

という方に非常にオススメの「速く走るコツ」についてご紹介いたします。

実は簡単!?「速く走る上で大事なポイント3」

足を速くするには「スタート時に前傾姿勢」「足を前に出す」「前だけを見る」という3つのポイントを押さえれば実は誰でも足が速くなります。

その理由をそれぞれにご紹介いたします。

「スタートは前傾姿勢で」

 

スタート時からいきなり「状態を起こす人」がいます。

というか、そういう人ばかりです。

実は「前傾姿勢で走る方がスピードが出やすいです」

 

なぜなら、前のめりになることで「自然と身体が前に行こうとします」

その原理を活用し「スタート時に前傾姿勢で走ることで」必然的にスピードが出やすいのです。

ただし50m走などの場合、目安として20mくらいで徐々に「状態を起こす必要があります」

ただ単にスタートからゴールまで「前傾姿勢で走れ」という意味ではありません、、、

あくまでも「スタート時に前傾姿勢」で走ることにより瞬発的にスピードを出すというイメージです。

「地面を蹴るのではなく、足を前に」

多くの人は「地面を滅茶苦茶に蹴って走ります」

しかし「足を前に出す」というのが正しい走り方です。

足を後ろに蹴って走ると「また足を前に戻さなければなりません」

これは非常にもったいないのです。

なんでも「足を元から前に前に出すと」自然と前に前に足が運びます。

それだけで50m走なら、論理的に「最低0・5秒」は短縮できます。

 

とにかく足を後ろにそらすのだけはやめましょう。

「前だけを見続ける」

よく下を向いて走っている人を見かけます。

人間は非常に不思議なもので「目線の先に行く」という習性があります。

例えば自転車で友達と見つめ合って話ながら進むとします。

するとやがて「引っ付くように目線の先へ行きます」

あなたも恐らくこの経験はあるかと思います。

 

つまり、目線の先に人間はいくので「地面を見て走っても、スピードが出ない」です。

走る時での正しい目線は「常に前(ゴール)」です。

 

まとめ

走る上で大事なのは

・「スタートダッシュ時」に前傾姿勢であること

・足は常に前に出すこと

・目線はゴールを見続ける

という3点です。

 

これを意識するだけで現在の自分より速く走る事が可能です。

 

本日もご覧下さいまして誠にありがとうございました!!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-陸上競技

Copyright© 今、気になるトレンド、エンタメニュース! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.