芸能

GACKT、マーレシア、クアラルンプールに在住!現在は会社の経営者!?

更新日:

超セレブで超ナルシストとして認知されている43歳のGACKTさんが現在、約5年前からマーレシアに在住している事が判明しています。今回は謎多きGACKTさんの現在についてまとめていきます。

また、GACKTさんは現在とある会社の経営者であり、クアラルンプールに自身の経営する会社を設立しているようなのでそちらについてもご紹介します。

GACKT、マーレシアに在住!

沖縄出身のGACKTさんは、ビジュアル系バンド「MALICE MIZER」マリスミゼルのボーカルとして活躍していましが、元々ドラマーでした。

そんなGACKTさんが今、マーレシアにいるとの事で2017年4月16日に放送された所ジョージが司会の「人生で大事なことは〇〇から学んだ」でクアランプールの豪邸自宅を大公開しました。

残念ながら番組のディレクターがGACKTさんの家に訪問した時は豪邸自宅が改装中との事で立ち入りは出来ませんでした。

よってGACKTさんの肝心の自宅紹介はありませんでしたが、敷地面積1700平方メートルで、自宅の中に池がありました。

しかし本人の情報によるとかなり広いリビングで、窓から差し込む日差しが幻想的で、まるでおとぎ話に出てくるような家です。

もちろんプールもあり、まるで城壁のような壁に加え、溢れ出す熱帯林の緑に囲まれていました。

この情報はGACKTさんの自宅の写真を改装が終わってから番組の為にGACKTさん本人が撮影した写真で明らかになりました。

光の強弱を調整する眼の機能が弱いためサングラスを常にかけているGACKTさんがクアランプールに引っ越した理由は、世田谷区に自信が所有していた1棟のマンションで住んでいたのですが「東京国税局が税務調査を頻繁に行う」事から日本で住むことにに嫌気がさし、クアランプールに引っ越したようです。

GACKTがマーレシアのクアランプールに住む理由

「人生で大事なことは〇〇から学んだ」の番組内でGACKTさんがなぜクアランプールに住んでいるのかについて詳しく紹介されていました。

GACKTさんは、番組内で日本では理解できない常識がクアランプールにあると公表していました。

なんでも、鉄棒の下で腕立て伏せをしていた男性Aに鉄棒で懸垂をしたい後から来た男性Bが男性Aに「そこをどいてくれないか?」と頼んだ所、男性Aが「NO」と答え男性Bが「OK」と返事したのをGACKTさんが見ていたと言います。

番組内に居合わせたフリーアナウンサーの高橋真麻さんが「ありえない。腹立たない?」と発言するとGACKTさんは「日本人には、イェスしか答えを用意していない。つまり、クアランプールの人はお互いをリスペクトしている」と「質問に対してNOの選択肢が日本には無い」という事を公言しました。

つまり、クアランプールでは「お互いをリスペクトしており、相手側の要件に対してNOと言える選択肢がある」との事がGACKTさんがクアランプールを気に入っている理由だといいます。

また、クアランプールはマーレシアという国であり、「多国籍・多宗教・多文化」と様々な国から人々が移り住んでいる国なので様々な料理が食べらる。とクアランプールの料理の良さを伝えていました。

GACKTさんは「世界中の料理をクアランプールで食べれら」と番組内で明かし、クアランプールが世界で1番美味しい料理が食べらる事を公表しました。

ちなみにクアラルンプールに移住してから「野菜・肉」しか食べないようです。「米・パン」は食べないようです。

その理由はこの写真のように体をキープするためだそうです。

さらに、ワインについて「なぜ、ワインに詳しいのか」について質問されると

「僕は、ワインに一時期ハマっていた時期があって自宅にはワイン倉庫があり、1200本あった」とGACKTさんはワインを研究している事も明かしました。

現在はワイン600本に減っているようですがそれでも多いと思います。

なんでも「ワインの味・深み・コク」など様々な高級ワインの事に興味を持ちワインを勉強したんだとか、、

GACKTさんの現在

GACKTさんはマーレシアのクアランプールに住んでいるわけですが、完全に移住しているわけではなく日本でも四季によって帰ってくるようです。

なんでもマーレシアに自宅がある上に日本にも自宅があるようなのです。

現在はテレビ出演やミュージック活動をあまりしておりません。

しかし、年に数回自身が開くファンのためのコンサートを開いています。

内容は、女装をしたり、奇抜なゾンビのような特殊名を施したりと様々なファンを楽しませる仕掛けを毎回用意しているようです。

そんなGACKTさんは1年のマーレシアと日本の滞在期間の割合について「マーレシア:6の日本:4」だそうです。

どうやら春・秋には日本には帰国してくるようようです。

現在、芸能活動を半休止状態ですがGACKTさんはマーレシアのクアランプールに自分の会社を立ち上げています。

東京で例えると六本木ヒルズと自ら称している会社はGACKTさんがクアランプールに移住した5年前の2012年当初、「クアランプールに何があるのか、どこに行けばご飯が食べれるのか」などで困った経験があり、不動産手続きや生活の準備についてお世話になった池田輸さんと2人で立ち上げました。

会社の名前は「GACKT&IKEDE ASIA BRIDGE PARTERZ INC」で日本語で称して「ガクト&池田アジアブリッジパートナーズ会社」です。

主な業務内容は、クアランプールへ移住や旅行などで困っている人を道案内や観光名地を教えるなど手厚いサポートを行うようです。

さらに、投資家も対象としており、マーレシアでの投資のサポート業務も行なっているようです。

もちろん、マレーシアに移住していた人々には不動産関係の手続きのサポート業務を施しているようです。

現在はクアランプールの自宅で姉と2人でゆったりと過ごしているようです。

GACKTさんは30代の頃に仕事づくめで「このまま仕事ばかりして、人生を終えるのは嫌だな。のこりの人生はゆったりとした時間を過ごしたい。」との事で

今後のGACKTさんはマーレシアで、のんびりとした時間を過ごす為、クアランプールでしばらく移住するとの事です。

まとめ

いかがでしたか?

2017年で43歳になったGACKTさんは現在マーレシアのクアランプールへ5年前から移住している事が分かりました。

さらに、クアランプールで会社を立ち上げるなど経営者になっており、よりセレブになっているようです。

今後は芸能活動を半休止するようで、クアランプールで日々ゆったりした時間を過ごす事を明かしていました。


最近のコメント

hide

最近のコメント

hide

-芸能
-

Copyright© 今、気になるトレンド、エンタメニュース! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.