旬のニュース、テレビ番組などについて書きます。

今、気になるトレンド、エンタメニュース!

未分類

男のスキンケア。男の正しい洗顔フォームを分析していきましょう!

投稿日:

今回は男のスキンケアについて一緒に学んでいきましょう!

 

男の正しい洗顔のフォーム

大雑把に洗顔している私たち男性は、普段から肌に対して逆にダメージを与えてしまう洗顔方法を行なっています。

間違った洗顔のフォーム

例えば、朝起きて冷たい水で豪快にバシャバシャと水しぶきを立て洗顔する男性がほとんどです。

確かに、冷たい水でバシャバシャと顔面に叩きつけるフォームは目覚めがスッキリして、肌も引き締まります。

しかし、そこに落とし穴が発生しています。まず、人間の皮膚は非常に繊細で温度調節が大事です。しかも、人間の顔面の皮膚は特に繊細で、ちょっとした刺激でも顔面の皮膚はダメージを受けてしまいます。

そんな繊細な皮膚に朝から水でバシャバシャと顔面に叩きつけるように洗顔ふるのはかなり皮膚に負担をかける事がわかります。

よって、水で洗顔はNGです。

正しい洗顔のフォーム

では正しい洗顔の仕方です。

温度28度前後のぬるま湯で洗顔します。なぜなら暑すぎても冷たすぎても顔面の皮膚にダメージを与えるからです。

普段入浴している37度のお湯を顔面に浴びるとかなり負担をかけてしまいます。

30度を超えると皮膚には非常に悪いという事を覚えておきましょう!

必要なのは28度前後のお湯でゆっくりと顔面を包み込むように洗顔するのが良いです!

正しい洗顔料の使い方

お湯で顔面を濡らした後に、洗顔料を手でしっかりときめ細かく泡立てます

この時に、きめ細かく泡立てないと肌へ強いダメージを与えてしまいます。

なぜなら、元々洗顔は肌の表面の皮を削るように作られているので洗顔料の原液をそのまま顔面に塗ってしまうと皮を剥がしているのと同じ事になってしまうのです。

肌の皮を剥がさない為にもしっかりときめ細かく泡立てて、肌への負担を最小限にしましょう。

きめ細かく泡立てた洗顔料を今度は優しく包み込むように顔面に揉み込みます

ゆっくりと包み込むようにクルクルと泡で顔の汚れをとるイメージです。

直接的に手のひらで洗うイメージではダメです。

大事なのは泡のみで洗うイメージですね。

ちょっとでも顔面に手を触れると傷になるという意識の方が良いです。

そうすると、絶対に肌へのダメージを受けずに済みます。

考えてみれば当然な事です。なぜなら、洗顔料を肌へダメージを受けずに使いこなせれば確実にニキビなどは治るという訳です。

洗顔料は元々、肌の表面の汚れを落とすために作られてますのでゴシゴシ擦ると汚れどころか肌の表面まで削る事になります。

ですので、しっかりときめ細かく洗顔料を泡立てて泡のみで皮膚を洗うというイメージで洗顔料を使いこなしましょう。

 

洗顔のシメは保湿をしましょう

洗顔料を正しく使いこなした後はしっかりと保湿をしましょう。

男性の肌はオイリーなので保湿を塗るとベタベタすると思い、保湿を避けがちですがそれは大きな間違いです。

なぜなら、肌が荒れるメカニズムは肌の水分が足りていないからです。

多くの肌が荒れている男性は、洗顔を必要以上にするあまり、保湿が全く出来ていません。

保湿をしない事によって、顔の皮膚の内側が乾燥してしまい、表面が汗などで最近などが発生します。

そうすると、顔の皮膚の表面で発生した菌が皮膚の内側に入り込みます。もし、しっかりと保湿をしていれば皮膚の内側は水分があるので比較的に菌を皮膚の内側に浸透させる事を避けれます。

ですので、しっかりと保湿をするべきなのです。

まとめ

今回は

・男の正しい洗顔のフォーム

・男の正しい洗顔料の使い方

・男にも保湿は必要な意味

についてまとめました。

ご覧い下さいましてありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-未分類
-

Copyright© 今、気になるトレンド、エンタメニュース! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.