旬のニュース、youtuber、テレビ番組などについて書きます。

今、気になるトレンド、エンタメニュース!

芸能

ノンスタイル 井上復帰!ウソ泣きと突っ込まれる。

更新日:

ナルシストブサメンキャラとして認知されていれノンスタイルの井上さんが3月30日に復帰しました!
今回はノンスタイルの井上さんが例のタクシー運転手に当て逃げした件の真相を語ります。

4月9日にワイドショー番組で真相を語る!

タクシー運転手の車に自分の車でぶち当てて逃げたとして報道され芸能活動謹慎処分となった井上さんは2017年3月30日に早くも芸能活復帰しましたが、松本人志主演のワイドショー番組で謝罪は嘘泣きではないか?」と突っ込まれました。そのツッコミに対し笑顔で「ほんま泣きですよ!」と言い返していました。

芸能活動謹慎処分を約3ヶ月間受けた井上さんは当日、部屋を真っ暗にして、外へ一歩も出ずに居たとの事で、鬱病ではない?精神病か?などと心配されていましたが、元気そうで非常に良かったです!

さらに、3月30日の復帰日には早速ノンスタイルとしてコンビで復帰漫才を披露していましたが、
相方の石田さん:「お前は、どこに行ってたん?何してたん?」
井上さん:「俺は色々あってんニュース見てたら分かるやろ」
石田さんが:「俺はネットニュースしか見やんねん」
井上さん:「ほんなら分かるやろ」
などと復帰後早々と絶好調の漫才を披露していました。一部の報道で井上さんかなり衰弱していて漫才が出来るか心配とされていましたが心配いらないようです。

井上さんは、芸能活動謹慎処分中にほぼ毎日石田さんが励ましに自宅へ訪問してくれたとワイドショー番組で話していました。その話題なっても相方の石田さんは井上さんを気遣い、「こいつ、謹慎前に俺がお前は声が汚いから直せ」と喧嘩した事を明かし「家に行ったら、反省してます演出のように部屋真っ暗にしてスタンドライトだけつけて、机に喉スプレーがズラッと並んでいた。」反省してます演出と上手くスタジオを笑かす言葉を使い、場を和ませました。井上さんは石田さんに救われ、上手くその後も松本人志さんとワイドショー番組で会話を盛り上げていました。

また、千秋さんは「なんであんなに泣いた?」との質問に「感極まった」と当時の事を話しましたが、当時の謝罪会見に居合していた女子アナウンサーが「謝罪会見の会場に足を踏み入れる既に白いハンカチを握ってい。あれは泣く準備をしてた。」と泣く準備をしていた事を暴露し、さらにスタジオを和ませました。
井上さんは、必死に否定するものの、ワイドショー番組に出演しているヒロミも「あれは嘘泣だな。だって8割泣きで2割謝罪みたいだっただろ」と鋭いツッコミを入れスタジオを笑わせました。

井上さんは当時の事件について

「始め当たったか当たってないか分からず、違和感は感じたんですけどタクシードライバーからは苦情が来なかったのでそのまま通り過ぎた」「今思ったらあの当てたような違和感を感じた時に謝罪していればよかった」と真相を明かしました。要は本当にタクシーに自分の車でぶつけた事に気付いていなかったようです。つまり、不運からの芸能活動謹慎処分になったという事だったのです。

井上さんはノンスタイルの漫才に熱が冷め始め2017年はもう2人で漫才する事がないと石田との間で亀裂が入りかけていましたが、今回のタクシー事件で運が良かったのか、コンビ間の方向性の確執の軌道修正をしました。

松本人志さんは2016年10月に井上さんが篠原ともえさんを紹介してくれと頼んできた事を明かし、スタジオを騒然とさせ、「当て逃げの後に、やり逃げはあかんぞ!」と激しいツッコミに全員笑いました。

ノンスタイル井上の漫才の才能の凄さ

ノンスタイルの井上裕介さんは身長163㎝と低いですが、歯医者の方から「歯並びが日本人離れしている」と絶賛されている程綺麗な歯並びをしています。そんな井上裕介さんは、偏差値49の大阪府にある歌手のAikoさんと同じ東淀川高校出身です。当時の井上裕介さんは、バスケットボール部に所属しており、学力も学校内でトップの成績を残しています。ですので、女子から非常にモテバレンタインの日には腕では抱えきれないほど、チョコを貰っていたようです。だから今のようなナルシストになったのでしょうか、、、、


当時、ノンスタイルの石田さんも同じ高校で仲が良かったようですが、高校生の頃はお互い全く漫才に興味が無かったようです。その後、偏差値40の神戸学院大学へ進学し、教師を目指し、教職の免許を取ろうとしていました。しかし、当時大学生だった彼はバンド活動に熱中し教職の免許を取るのにバンド活動で厳かとなっていました。しかし、大学3年の時に解散します。

ところが、ステージに立つ喜びと興奮を忘れられず、親友の石田さんを誘い漫才コンビを組んで活動を始めました。当初は路上で漫才をしていましたが、驚くべきは1日おひねりで3万円稼いでいたようです。当然路上漫才だけで生活費を稼げていたノンスタイルの2人です。しかも、月8回だけで生活費を稼げてしまうレベルだったとか。

そんなノンスタイルは吉本興業のオーディションを受け難なく合格し、オーディションを受けたその年にM-1グランプリで優勝しています。これは異例中の異例で今まででこんな漫才コンビはいないようです。普通は吉本興業で養成所で練習を積み重ね3年程かけてM-1グランプリで活躍するレベルになるようですが、ノンスタイルはすぐ売れM-1グランプリで優勝しました。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「井上裕介さんが復帰」したことについてまとめました。

ご覧頂きありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-芸能
-

Copyright© 今、気になるトレンド、エンタメニュース! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.