旬のニュース、テレビ番組などについて書きます。

身の回りの気になることまとめサイト

未分類

【消えた天才】帝京出身の伊藤拓郎は今?

更新日:

MLBで活躍中の大谷翔平

2018年にMLBの新人王に輝いた大谷翔平選手。

MLB,日本プロ野球での活躍は有名ですが、高校球児時代もすごかったです。

3年夏には高校生ながら160km/hを記録。

高校1年の夏にも、すでに147km/hを記録していました。

大谷を超えた逸材がいた

しかし、世の中上には上がいました。

大谷翔平選手よりも1学年上で、高校1年時に甲子園で148km/hを記録し、注目を集めた選手がいました。

その選手の名は、伊藤拓郎選手。

中学時代には東練馬シニアに所属し、日本代表に選出もされています。

その後、鳴り物入りで、名門の帝京高校へ進学。

1年春からベンチ入りし、甲子園では、2回戦の九州国際大学付属高校戦で、148km/hを記録し、現日本ハムの4番打者、中田翔選手が持つ1年生記録を更新しました。


春の甲子園では、チームをベスト8に導きました。

そしてさらなる活躍を期待された2年生の年。

不調に陥ってしましいました。

理由は、武器である球速をさらに伸ばそうとした結果、フォームが崩れ、コントロールが悪くなってしまったのです。

高校生活最後の3年生になり、球速という武器を捨て、緩急で勝負をするスタイルへと変更しました。

結果、東京予選では、7回コールドながらノーヒットノーラン。

甲子園では、初戦で、当時2年生の大谷翔平を雄する花巻東高校と対戦。

8対7で勝利しました。

2011年のドラフトで、横浜ベイスターズからドラフト9位で指名され、入団します。

活躍を期待されたが

入団後は活躍を期待されましたが、高校1年生のときのような輝きを取り戻すことはできませんでした。

高校1年時に148km/hを記録した球速は、140km/hに届くか届かないか、さらにコントロールも悪いという状態に。

2014年に戦力外通告を受け、BCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスへ入団します。

2017年にはチームトップタイの13勝を挙げる活躍をし、プロ野球復帰も期待されましたが、本人にプロへの意向はなく、

2018年からは社会人野球の新日鐵住金鹿島硬式野球部へ移籍し、現在も活躍中です。

まだ25歳なので、野球を楽しんでほしいですね。

プロで活躍する難しさ

伊藤選手は、中学時代に日本代表

名門帝京高校で1年生ながら甲子園の土を踏む

という華々しい道を歩みましたが、それでもプロ野球では結果を残せず。。。

プロの世界の厳しさを感じてしまいます。

伊藤選手が今後、プロで経験したことを生かしてほしいと思うとともに、才能ある選手が潰れずに野球を楽しめる環境ができてもいいのかなと思います。

-未分類

Copyright© 身の回りの気になることまとめサイト , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.